結局はNTTの問題だったのか?!

今日、NTTの修理担当者2名来てくださって修理。
それもマンションの管理会社の人も立ち会ってのものです。

結果は私の戸宅の問題ではなく、マンション内の経路の問題
で、線が切れかけていたそうです・・・・
どういう問題なんだ。長きにわたって我慢してきた光電話の音の
小ささや雑音はそのためらしいし、ネットも時間帯に限らず不安定
だったのもNTTの問題だったという・・・
これで改善されれば嬉しいが、当然費用は発生しなかった。

きのうプロバイダーとNTTの見解が違うために3、4度?電話を
双方にかけさせられましたが、どうもお互いの情報がキチンと
なっていないようで、「それはNTTに聞いてください。」というし、
「何をNIFTYはしろと言うのでしょう?」とか、
「何を根拠にNTTには独自の料金体系があるというのでしょう?」
2年割や元々割とか、あるはずというがどうも関係ない。

結局、今のままの契約の方が得だと言う事が分かった。
それも今の契約は今は無いものだし、レンタル料金も100円安い。
ですが、今後値上げしないという保証もないのですが、今の所
そういう連絡は無い。

これで問題無くなればいいのですが、まだ電話は確認してません。
宅電は使う頻度が少ないので、どうもそのままにしてしまっていました。
線が切れかけていたというけれど、何時からなのかも分からないし、
最後にルーターを交換して修理してもってから3年経っていることを
考えると、もともと直ってないまま使ってきた可能性もある。

帰られるときに「また何かありましたら確認させてもらうので、遠慮なく
言ってください。」だそうである。そうか・・・

いつもそうなるという訳でないと、処置なしで終わるだろうなと思って
なかなか言い出せませんでした。ハッキリとおかしくないと、その場で
その症状が出ないとダメだと思ってました。
でも、きのう電話の時点で「確認しますので、電話をお切りになって
おまちください。」と言われ、掛け直してくださった時点で問題無いと
は言わないし、問題個所も概ね言い当てていました。

失敗しました、どうぞ遠慮なく“おかしいかも・・・”と思ったら修理担当に
電話してみた方が良いようです。納得。
いつもその症状が出なくても良いんですね!!!

今回の件は“切れかけてる”状態だったから、まだ良い時も悪い時も
あって当然だったんですね。くそ~~~~~~!!!!です。
2010年NTT解体―知られざる通信戦争の真実
日経BP社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2010年NTT解体―知られざる通信戦争の真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック