霊感?に翻弄される、この人生・・・

私のお葬式には母がいて、泣いている・・・ そのシーンを見ました。前に一瞬。
なので、去年、母が肺に血栓が飛んでICUに入ることになっても、絶対大丈夫だという
変な自信がありました。ですので、病室に行くこともなく、母は退院しました。
私的には当然と言えば当然なのですが、それがどうしてわかるのか?と言われると___
正直分かりません。だた、分かるのです。

私は親しい人に、もし、自分の人生のろうそくの長さが分かるなら教えて欲しいというと、
大概の人は知りたくないと言います・・・ 怖いのでしょうか。分かりません。

身近な人が突然死で亡くなっているので、自分が平均寿命まで生きる、なんてズーズーしい
考えは私には無いのです。遠慮なんてしている暇はないのです。

どう言う間柄にせよ、“この人とは2度と会う事はない”とか、分かってしまう。
それが望もうが、望んでなかろうが___ ただ、それが分かる。無情に。どうしてなんだか・・・
そしてそれが当たると言うか?事実に代るのです。やっぱりね・・・って。

白黒に見える人がいて、何故なんだろう?と思っていたら、ご主人を突然死で失ってお子さんを
ひとりで頑張って育ててる方でした。あとで話を聞くと。何故そう見えるか?は分かりません。

今、とても大事に思える出会いがあったのに、それぞれの譲れない事情でお別れをすることに
なりました。その大半の責任は私にあったと思います。
というのも、電話では分からなかったけれども、会った途端に「縁がない」と分かってしまったのです。
何故?こんなことが。。。と思います。自分を呪うほどに。2度と会わないと分かったのです。
相手は何故?急にそんな態度を変えるんだと思ったことでしょう・・・
それでも、それがしょうがないと私の頭では分かっていても、心が追い付きません。納得行かない。
でも、そうこうしてるうちに事実そういう方向に行く。

今初めて書きますが、私は夫を20年前に突然死で亡くしているのです。
それも、結婚寸前に母に「この結婚をやめれないだろうか?」と相談したのだけれども、母に__
「いまさらそんなわけには行かないんだよ。」と勿論言われましたが、
「結婚しても、離婚か死別になるから・・・」と答えました。事実、そうなるのに3~4年でした。
ですから、ある日亡くなっているのを見ても驚きませんでした。本当になったなと。
そう思い知らされました。日本で亡くなってくれたのが、不幸中の幸いでした・・・
これが海外出張中だったら、遺体を輸送するだけでも大変なことになったと思います・・・
それでも、突然だったし、週末だったので、10分で解剖するかどうか決めろと警察の人に言われ、
死因をはっきりさせるために、慈恵医大のモルグで解剖してもらいました。
結果は、左冠状動脈硬化症というものでした。こんなこと、こんな目に遭う人って、どれだけいる
でしょう?

今回お会いした人は、姓名判断でも最高の相性の人だけあって、最初から合う人でした。
それでも、お互いの抱える事情が複雑で、私が“身一つで来て欲しい”と言われても出来ない
のです・・・ そして、私の元に走るにしても高速を使っても2時間は掛るような距離があり、
それを行き来していれば、そのうちに事故に遭って、また大事な人を失うかもしれない・・・と
思って悩んで悩んで眠れない状態が何日も続いて、正常な判断力も失っていました・・・
でも、お互いにお互いの幸せを別々に見つけることにしようという事になって終わりました。

母には、そんなに早く決断しなくても良かったんじゃないか?と言われましたが、引き伸ばしても
出てくる結果はそう変わらなかったと思うし、若い子の結婚と事情が違うので、周りに配慮を
しなければならない事が多く、勝手に出来ないのです・・・
幾ら相性が良くて、語る必要が無く分かり合えても、遠い距離ある別々の人生で同じストーンの
ブレスを偶然していても、共通点が多くても、ダメな時はダメなんです。
遠く離れて育ってきた兄妹に会ったような感じでした。

どうしようもないと分かっていても、“心”が、まだ追いつきません・・・

娘は成人しているので、その話をした時に、「私ももう成人しているんだし、ママにそういう人が
いても良いと思う。」と、言ってくれてはいたし、母も、反対はしませんと。言ってくれていたのに。

これからも一人でいる事が、今初めて怖くなりました。
今までは充実していたし、寂しいと思う暇がありませんでした。
でも、一旦、そういう人に何もなくても出会うと、寂しいことに気づいてしまったので、
もうひとりでは居れそうにないです。良い人を探します。

僅かな時間でしたが、毎日電話して、いろいろ話して、そしてその人には言っていませんでしたが
その声が、18歳のときに出会った人で結婚がその人は決まっていたので分かれた人にそっくりで、
最初に電話で声をイヤホン越しに聞いた時に驚いたのです。こんなことってあるんだと。
あの声をもう聴けないと思うと死にそうです・・・正直。今は。

でも、こういう辛い出会いにはなりましたが、そのお陰で今また一歩すすもうとしています。
人にも、これが1年も2年も続いていたら・・・それだけ苦しんだかもしれないと言われ、
早いうちに決断したことはしょうがないし、それで良かったと思える日が来ると。

自分で自立心が強いという、ある意味「男らしい」人なので、考えに考えて決断してくれての
ことでしょうから、送り出してもらったことを無駄にしないように生きようと思います。
あんなに、家事や生活するうえでは経済力もあり、何も困らない人が結婚相手なんている?
って聞いたら、胸に💛の形を作って、「心が寂しいから」と。
私もようやくその意味が分かってきました。

これから出会う人も、幸か不幸か?直ぐに縁のあるなしが分かってしまう事と思いますけど、
これからは前向きに探し求めたいと思いました。気が変わったんです。

今日は、Louis Vuittonに生活の木に行った序に寄ってきましたが、スタッフの皆さまに
新年のご挨拶を通る度に代わる代わるいただいて、こういう生活してる私なんだナ・・・と
再認識しました。ちゃんと名前も覚えてるしね、偉いワね!長年だから当然か('ω')ノ

今の担当さんと暫く話してきたけど、その話をしたら、彼女のお医者のお父さんの友達が
Volvoに乗っていたけれども、高速に入る合流に失敗して亡くなったの・・・と。
リアルに彼がVolvoで高速で事故に遭ってるのを想像してしまって、そんだけの距離をいつも
往復させるようなことになれば、殺してしまったかもしれないと思いました。
それだけ考えても無理なことなんですね。県外でなくてもこれだけの距離ですからね。

しばらくは苦しむことになるでしょうけど、そのうちに忘れます。たぶん。


逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX
TCエンタテインメント
2017-03-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



一人が好きで悪いか!!
2016-08-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック